ネット回線って引越す時どうすればいいの?

引越しの時って、手続きが多くてめんどうですよね。

 

役所に行って住所変更の手続きをしたり、警察署に行って住所変更の届け出を出したり、やらなければならない手続きが山ほどあります。

 

その中でも意外と忘れがちな手続きが、インターネット回線の引越し手続きです。今はネットが出来ない環境だと、仕事においても生活においても、不自由なことが多いです。

電話一本でインターネット回線の引越し手続きができるところが今は多くなってきているようですが、今までのプロバイダでは対応していないアパートやマンションに引越した場合などは、ホントに手続きが面倒です。

光回線が使いたくても、建物に穴をあけたりするのを嫌がる大家さんがいることもあり、そのアパート・マンションで契約可能なプロバイダと契約せざるを得ないこともあります。

最近建てられた新しいアパートやマンションでは、無料でネットを使い放題の物件も多くなってきているようですね。その分家賃の中に含まれているのかもしれませんが...

引越し先のアパート・マンションで契約可能なプロバイダと契約するしかない時は、大抵今までのプロバイダを解約することになるのですが、解約の時はモデムを返さないといけないし、何かとめんどくさいものです。「モデムを返却するときは、着払いでよろしいのでしょうか?」とか聞くのもちょっと恥ずかしいし、自前のモデムを買えばいいのかもしれませんが、モデムをいざ買いに行っても、種類が一杯あるし何がいいのかもさっぱりわからないし、設定もめんどくさそうだし、結局買わずじまいで家に帰るのが私です。

インターネット回線も、2年縛りの契約が多く、途中で解約すると違約金が発生する主旨のことが契約書にかかれているので、解約するのも気が引けてしまうことがあります。

でも、2年ごとにプロバイダの契約を変えると、新規契約のキャッシュバックがあるのでお得なようですね。2年ごとにプロバイダを変えている友人が「ずっと同じプロバイダで契約するなんて、お金を捨てているようなものだよ!」とおっしゃっていましたが、確かにわからなくはない論理ではあります。私が引越すとき参考にしたサイトにも、同じようなことが書いてありました。まぁ、友人ほどゲスではありませんが...

携帯電話もそうですが、長期的に契約することによって、割引などの何かしらのサービスがないと、プロバイダとも契約し続けるメリットがないような気もしないでもありません。

引越しの時は、めんどくさくてもインターネット回線を解約して、別のプロバイダと契約するのがお得なのかもしれませんね。

ですが、今はWiMAXという手もあります。WiMAXであれば、引越しの時の契約の変更手続きも楽そうだし、持ち運びも便利でどこでも使えるし、一番いい方法なのかもしれませんね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です