引越しお役立ち情報

引越しの繁忙期は家具屋も繁忙期なので家具の配達も遅くなる

引っ越し先の部屋が決まったら、新しい生活のために必要な家具を買いに行くことになると思いますが、そのときの注意点について書いてみたいと思います。

ベッドやクローゼット、書棚などを家具屋さんに買いに行くと思うのですが、買いに行く時期について注意することがあります。

それは家具の購入日と配達日です。

家具屋さんの忙しい時期、1月~4月くらいの間はシングルライフや転勤の時期なので家具屋さんも繁忙期です。

家具屋の繁忙期の時期に家具を買うと、自分が配達してほしい日にちに配達できないことがあります。

入居日が決まって、入居日に合わせて家具の配達をお願いして、その日のうちに片づけをしたいというのが引っ越し人の心境だと思います。

ですが、家具の購入日が家具屋の繁忙期と重なってしまうと、自分の配達してほしい日にちに配達できないばかりか、1,2週間待たされることもあります。

そうなってしまうと、いざ引っ越ししたものの、クローゼットや書棚がないので、引っ越しの片づけをできずに新生活がスタートという事態になってしまうこともあります。

そうならないためには、引っ越すことが決まったら、早めに家具屋に行って欲しい家具や配達日などの確認をしておくといいでしょう。

 

 

引越し業者ってどこがいいんだろう?

引越し業者はたくさんあるので、どこの業者に頼めばいいのかなんて、わからないものです。

と、書いている自分も、ホントはあまりわかっていません。

アート引っ越しセンターとか日通とか大手の業者に頼めば安心出来そうなイメージがあるのですが、実際どうなんでしょうね。

テレビでCMしている業者であれば、「下手なことはしないだろう」という感じがするけど、ただの先入観なのかもしれませんね。実際どうなんでしょう。

引越しするときに、一番最優先で気になる部分が、引越しの料金ですよね。引越し業者によって料金が違うようですし、同じ業者に同じ規模の引越しを頼んでも、料金がかなり違うこともあるみたいなので、引越し業者選びって難しいですよね。

引越し業者の中には、やたらと荷物を雑に扱う人もいるみたいだし、前に自分が引越しした時は、そういった業者ではなく丁寧に荷物を扱ってくれたから良かったものの、そんな業者に自分が遭遇したらと思うとゾッとします。その上料金も安くなかったら、ガッカリ感がとてつもなさそうな気がします。

「そんなにウダウダ言うなら自分でやればいいじゃないか」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分1人では引っ越しなどできません。家族や友達に手伝ってもらって引越しする方法もあるのですが、時間が取れなかったりすることが多いでしょうし、素人集団で引越しってホントにできるのか?疑問が残ります。素人ではできないから、その道のプロというか、その作業を生業にしている方たちがいるのですから、そんなに簡単ではないような気がします。素人でできるのであれば、引越し業者なんて必要ないですからね。

引越し業者ってそもそも何社くらいあるんでしょうね。数百社はあるのでしょうけど、大手だけじゃなくて中小企業も合わせたら1000社くらいあるのかもしれませんね。その中から安くて安心な引越し業者を探すとなると、途方もないですね。

 

検索エンジンなら「google」、ネットでのお買い物なら「楽天」みたいに、引越し業者なら「ここ」みたいなところがあれば解りやすいんですけどね。でも、そんな引越し業者があったら、その市場を独占してしまうので、安い料金でやらなくなってしまいそうですね。

 

実際に、引越し業者に依頼するときは、一つの業者だけに見積もりを依頼するのではなく、数社に見積もりを取ってもらうといいようですね。

そうすることによって、引越しの料金の相場がわかるし、比較することによって「ここの業者は安いな」というのが解るので、料金を安く済ませたい場合は、数社に見積もりの依頼をするのが必須項目のようですよ。言われてみれば、当たり前の話かもしれませんよね。まず、引越しの相場や比較対象がなければ、見積もりの料金が高いのか安いのかなんて解りませんからね。

結局、情報が少ないと損をするのが現代社会のような気がします。

何事も知らないと損をすることになるのでしょう。でも、損していることに気づかなければ、別にどうでもいい話かもしれませんね。逆に損してもいいやっていう度量で生きて行きたいとも思います。

まずは引越しの見積もりを取ってもらって、その料金をみて不満であれば、また別の業者に見積もりを依頼するのが無難な選択のようですね。でも、そんなに引越しの見積もりに時間や手間をかけるのもめんどくさいような気もします。

料金を安くするためには、多少めんどくさいこともしないといけないのかもしれませんね。

ネット回線って引越す時どうすればいいの?

引越しの時って、手続きが多くてめんどうですよね。

 

役所に行って住所変更の手続きをしたり、警察署に行って住所変更の届け出を出したり、やらなければならない手続きが山ほどあります。

 

その中でも意外と忘れがちな手続きが、インターネット回線の引越し手続きです。今はネットが出来ない環境だと、仕事においても生活においても、不自由なことが多いです。

電話一本でインターネット回線の引越し手続きができるところが今は多くなってきているようですが、今までのプロバイダでは対応していないアパートやマンションに引越した場合などは、ホントに手続きが面倒です。

光回線が使いたくても、建物に穴をあけたりするのを嫌がる大家さんがいることもあり、そのアパート・マンションで契約可能なプロバイダと契約せざるを得ないこともあります。

最近建てられた新しいアパートやマンションでは、無料でネットを使い放題の物件も多くなってきているようですね。その分家賃の中に含まれているのかもしれませんが...

引越し先のアパート・マンションで契約可能なプロバイダと契約するしかない時は、大抵今までのプロバイダを解約することになるのですが、解約の時はモデムを返さないといけないし、何かとめんどくさいものです。「モデムを返却するときは、着払いでよろしいのでしょうか?」とか聞くのもちょっと恥ずかしいし、自前のモデムを買えばいいのかもしれませんが、モデムをいざ買いに行っても、種類が一杯あるし何がいいのかもさっぱりわからないし、設定もめんどくさそうだし、結局買わずじまいで家に帰るのが私です。

インターネット回線も、2年縛りの契約が多く、途中で解約すると違約金が発生する主旨のことが契約書にかかれているので、解約するのも気が引けてしまうことがあります。

でも、2年ごとにプロバイダの契約を変えると、新規契約のキャッシュバックがあるのでお得なようですね。2年ごとにプロバイダを変えている友人が「ずっと同じプロバイダで契約するなんて、お金を捨てているようなものだよ!」とおっしゃっていましたが、確かにわからなくはない論理ではあります。私が引越すとき参考にしたサイトにも、同じようなことが書いてありました。まぁ、友人ほどゲスではありませんが...

携帯電話もそうですが、長期的に契約することによって、割引などの何かしらのサービスがないと、プロバイダとも契約し続けるメリットがないような気もしないでもありません。

引越しの時は、めんどくさくてもインターネット回線を解約して、別のプロバイダと契約するのがお得なのかもしれませんね。

ですが、今はWiMAXという手もあります。WiMAXであれば、引越しの時の契約の変更手続きも楽そうだし、持ち運びも便利でどこでも使えるし、一番いい方法なのかもしれませんね。

引越しに安い時期があるってホントなの?

引越しの時期は、自分では選べないことがほとんどです。

 

会社の都合による転勤での引越し、高校や大学を卒業しての新生活に向けての引越し、契約しているお部屋の解約に伴う引越しなど、引越しの事情は様々ですが、引越しは基本的に外的な要因による事情が多いので、なかなか自分で引越しの時期を選ぶのは難しいものかと思います。

 

契約しているお部屋を、契約の途中で急に解約して引越ししたりすると、違約金が発生する場合もあります。

 

このように、自分で引越しの時期を選びずらいのが引越しの難しい所でもありますが、もし自分で引越しの時期を選べるのであれば、引越しの少ない時期を選ぶと、引越し料金が安く済むこともあるようです。

 

引越し業者のほとんどは、運送屋さんで行っていることが多いです。中には、引越し専門で行っている企業もあるようですが、まだまだ数は少ないようですね。

 

運送屋さんや、引越し業者さんの忙しくない時期、繁忙期というのを避けて引越しを依頼すると、安くなることもあるようです。

でも、具体的に引越しの少ない時期、運送屋さんの暇な時期っていつなのって言う話に当然なるのですが、よくわかりません。

3月とか4月は忙しそうなイメージですが、実際どうなのでしょうね。運送屋さんの運んでいる荷物によっても、忙しそうな時期とかは変わってきそうですし、年がら年中忙しい運送屋さんはなさそうですが...

 

でも実際に、引越しを安く済ませるには、時期だけじゃなくて午前午後などの時間によってもホントに変わってくるんですかね。

引越し専門で引越しを行っている業者さんって、ホントにそれで商売が成り立つのか不思議に思いませんか?引越しって時期が集中しているイメージがあるし、年がら年中仕事があるようには思えないのですが、商売が成り立っているところをみると、年がら年中引越しの依頼が来るということなのでしょう。

 

凄い話ですよね。引越し専門ですよ!!どうやってそれだけの仕事を取ってくるのか、ホントに疑問です。また、それだけ引越し需要があるのかも疑問です。でも、実際に引越し専門で経営なさっている会社があるわけなので、需要があるということなのでしょう。

 

毎日引越ししている業者さんって、考えてみると凄いですよね。毎日いろいろな方の引越しを行うわけじゃないですか。引越しは生活スタイル・生活環境が変わる大きな行事だと思うのですが、まぁ、自分の引越しではないにしても、いろんな方々の引越しに携わる商売なのですから、意外と面白い商売なのかもしれませんね。