引越しの時の活用術

引越しするときに、割れたガラスをどう処分すればいいのか?

引越しの時に、ガラスや食器をを割ってしまうことがあります。

そのガラスや食器を、どう処分するか困ることってありませんか?

袋に入れて捨てるのも危ないし、箱に入れておいても、結局捨てるときどうするか悩んでしまいます。

ある時に思いついたのが、

「割れたガラスを要らない段ボールにくるんで、ガムテープで止めて捨てれば、安全なのではないか」

ということです。

早速、割れたガラスをダンボールにくるんで、ガラスの破片が出てこないようにガムテープでくるんで捨ててみたら、ばっちりでした。

ただ、段ボールはちょっと硬いので、曲げるときにうまく曲がらないことがありますし、ジャストサイズに段ボールを切るのも意外と難しいものです。また、いらない段ボールがない時もあるので、そんな時はどうしたらいいのか、また考えてみました。

思いついたのが、新聞紙で包む方法でした。ガラスの破片を新聞紙にくるんで、ガムテープで留めればいいのではないかと思い、これも早速試してみたところ、段ボールと違って包みやすく、かなりいい感じです。新聞紙一枚だけでは心もとないので、何重にも包んであげれば安心です。それでも不安な方は、新聞紙にくるんで、さらに段ボールで包んでやれば完璧ですね。

この方法であれば、ガラスの破片だけではなく、カッターの刃や割れた初期なども安全に捨てることが出来ます。

気をつけていただきたいのが、この方法で家庭ごみ(燃えるゴミ)として出すのはやめましょう。

金属・陶器・ガラスなどのゴミの日に、「危険」と解りやすいように書いて、集積所にある回収容器の中に入れましょう。無料で持って行ってくれるのですから、家庭ごみに入れるよりも無駄がありません。